だいたい山旅〜遊びたいのも山々

人生も折り返しを迎えたアラフォーおじさんの荒波一万尺

ダムカード襲撃団と優しいお巡りさん

 

『5月になっても忙しぃーじゃねぇかぁー!!』

 

ゴールデンウィーク

 

世の中は10連休。

 

僕は4連休。

 

『まあまああったじゃん!!』

 

なんて歓喜の声も聞こえてきそう・・・が、しかし・・・

 

 

これが【わが社マジック】

 

前後の週休2日を【寄せて上げる】戦法でただ集められた4日間。

 

 

プラマイゼロ。

行って来い。

三歩進んで三歩下がる。

 

 

 

もう嫁娘も慣れたものだ。

 

既に『父無し』スケジュールでゴールデンウィークは埋まっている。

 

だが、そこに父は『登山』というワードをぶち込んでみせた。

 

娘に新しい登山靴を無理やり履かせ、嫌がる娘を拉致同然に車に乗せる。

 

向かったのは『高賀山』

 

f:id:gtotom5103:20190523120447j:image

 

何故かというと・・・

 

1. 1000m級でありながら360度のすばらしい展望を持つ山である

 

2. 林道を使えば山頂まで800m尾根を歩けばそれらをゲット出来るお手軽さ

 

嫌がる娘にはちょうどいいはず。

 

 

そして娘がその絶景を見たとき『登山最高』と思わず口から出てしまうのではないか?とスカスカ脳で妄想してみせた訳だが、結果は『早く帰ろう』

 

おにぎりだけ食べて下山。

 

絶対に今年の夏は家族で登山だぁぁぁぁぁぁぁ。

 

 

 

話は変わるが、実は14日15日もしくは21日22日に蝶ヶ岳にテン泊に行こうと計画していた訳だが、怒涛の仕事と天から授かった悪天候男の宿命により山行が絶望的に。

 

そんな【ひとり泥沼生き埋め事件】で【休日】が幕を閉じそうになるギリギリのところで【天からのライン】で沼から這い出ることとなる。

 

荘川に蕎麦ツーリング行く?』

 

会社のバイクお仲間からの救いの手。

 

ありがたやぁ~~

 

こうして『天国の階段を昇り、天国の扉をノックする』権利を得ることとなった。

 

 

当日、レギュラーメンバーの一人である【還暦悪天男】不在で超~快晴となってしまった。

 

【悪天の神】と呼ばれて久しいその男は昔、『オフ車でグイグイ林道をかっ飛ばしブラインドコーナーで山側からの倒木でラリアットを食らい、バイクだけ谷に消えていった』事件を起こし、そのせいで山の神が怒り、二度と彼が山に入らぬ様『悪天男』にした・・・という伝説をもつ男なのだ。

 

僕の【悪天癖】など足元にも及ばない、その道を極めた男。

 

複雑だが、今日は不在であることに密かに感謝したい。アリガトウ。

 

 

というわけで、快晴蕎麦ツーとなった訳だが盛りだくさん過ぎる内容の一日となる事をこの時点でまだ誰も知らない。

 

朝9:00美濃の道の駅集合。

 

f:id:gtotom5103:20190523120626j:image
f:id:gtotom5103:20190523120628j:image

 

なんと当日は【ロードオブジャパン 美濃ステージ】と言われるロードレースの超デカイ大会の為美濃市のところどころが交通規制&お祭り騒ぎ。

 

その為でも無いと思うが、遅刻の常習犯達がここぞとばかりに言い訳。

 

スタート40分遅れ。

 

まあいい、快晴の休日だ。

 

f:id:gtotom5103:20190523121131j:image

 

コースは岐阜→R156ひたすら北上→郡上八幡→道の駅古今伝授の里やまと→やまびこロード→阿多岐ダム→キャンプ場視察→荘川の有名な蕎麦屋→御母衣ダム→家路

 

 

途中ダムを挟むのは、50代を越え晴れて独り身となり溢れる欲望をせき止める意味を込め【ダムめぐり】が趣味になってしまった笑顔が不敵な永久絶倫ダンディーN氏たっての願い。

 

ダムをめぐり【ダムカード】なるものを集めているらしい。

 

そのダムカードが彼の果てぬ欲望の抑止力となり得るのか?

 

決壊の瞬間を見届けてあげよう。

 

 

 

 

最初に立ち寄ったやまとの道の駅は売店や温泉・足湯など超充実。

 

その後の【やまびこロード】はツーリングにもってこいで【気持ち良い】のひとこと。

 

やはり岐阜に産まれ育ち、暮らして良かったぞ。

 

 

 

途中お目当ての【阿多岐ダム】にてダムカードゲット。

 

f:id:gtotom5103:20190523193451j:image

 

無人だったが入り口に燕の巣の様な状態でカードが置かれていた。

 

人知れずブームになり過ぎ対応が面倒になりそのような形になったのだろうか?

 

 

 

 

そして、NAOキャンプフィールドなるキャンプ場視察。

 

f:id:gtotom5103:20190523174923j:image

 

からのやまびこロードひた北上すると、牧歌の里付近で雄大な【白山】が惜しげもなく顔を出す大サービス。

 

f:id:gtotom5103:20190523174948p:image

f:id:gtotom5103:20190523175102j:image

 

生ビールのお姉ちゃんポスターの如く、グラマラスではなかろうか?!

 

さすが白山、全く隙のないパワースポットである。

 

からの荘川の有名な蕎麦やで昼食。

 

f:id:gtotom5103:20190523175131j:image
f:id:gtotom5103:20190523175134j:image

 

美味いに決まっている。

 

日本酒やルービーが無性に呑みたい。

 

大人だから耐える。

 

そして御母衣ダムのダムカード

 

f:id:gtotom5103:20190523202926j:image

 

だが、MIBOROダムサイドパークという施設が休館。自動的に貰えず。

 

諦めきれず、このヘルメットを被った怪しい一団がダムの管理施設的な建屋に移動し襲撃するが相手にされず、なす術なしでおじさん達はうなだれ水面を眺める事に。

 

f:id:gtotom5103:20190523202906j:image

 

そこで一同気がどうかしてしまったのだろう。

 

記念撮影とばかりに、完全なるおじさん達がジャンプ写真を撮り始めたのである。

 

その数々がこれだ。

 

f:id:gtotom5103:20190523204346j:image
f:id:gtotom5103:20190523204357j:image
f:id:gtotom5103:20190523204342j:image
f:id:gtotom5103:20190523204352j:image
f:id:gtotom5103:20190523204349j:image

 

全く跳んでいない。

 

いや、跳んでいる筈だが問題点は大きく2つ。

 

1. タイミングがよろしく無い

 

おじさん達はもう脳の司令と伝達のギャップが取り返しのつかない程になっている。

 

2. 何しろ滞空時間が短い

 

もはやだいぶ跳んだつもりが跳べてない。

 

 

最後の写真に至ってはもう足腰ヤラレタ人達になってしまっている。

 

結局一枚も宙に浮いた写真は撮れぬまま御母衣ダムとはお別れをした。

 

そしてこの後の事である。

 

やはりあの絶景『白山』をバックに記念写真を撮りたいという事で、午前中の場所へ。

 

丁度良いあぜ道を見つけバイクを並べ、おじさん達は懲りもせずジャンプ。

 

f:id:gtotom5103:20190523205356j:image

 

また跳べずである。

 

f:id:gtotom5103:20190523205433j:image

 

これもだ。

 

そしてこうなる。

 

f:id:gtotom5103:20190523205510j:image

 

この男はいったい何をしてしまったのだろう?

 

まさかのあぜ道のど真ん中で職質を受ける男。

 

いや我々。

 

そう、本当に怪しいおじさん達となっていたのだ。

 

御母衣ダムから引きずる襲撃団の香りが、この素晴らしい景色には不釣合いである事を自覚していなかったのだ。

 

f:id:gtotom5103:20190523210014j:image

 

しかしこのお巡りさんは、余りにもイタイおじさん達の事を優しく諭し、帰り道の安全まで気を配って解放してくれた。

 

皆さんには伝えたい。

 

大人の自覚と責任感。

 

はしゃぐのは程々に。

 

f:id:gtotom5103:20190523210753j:image

 

 

 

 

 

ゲンゴウゴシハルサメ 〜的のない空中戦〜

自分『今日は蕎麦じゃね?』

 

嫁『それ年越しのこと?前頭葉の萎縮だいぶきとるな…』

 

娘『え?ママやったー!蕎麦食べたい!』

 

嫁『えー。蕎麦無いし。春雨ならあるけど』

 

娘『春雨食べたい!ゲンゴウゴシハルサメやん』

 

ゴツイな。

粉飾パラダイス 〜数字縛り上げプレイの果ての果てのはてなブログ〜

毎日馬車馬のように駆けずり回る。

 

ヒマは一瞬。閃光の如く現れ消えて行きました。

 

休みはあるけどって感じで、休みの日には夏の山行の為に地元が誇る金華山をせっせと何往復もして、ピストンオヤジと化す、そんな日々。

 

f:id:gtotom5103:20190423120601j:image

 

新潟48の子の気持ちは凄くわかるな〜

 

しかも若いのにアレを言える勇気と正義感。

 

そして気づける健全な心。

 

で、あの子にそんなこと言わせてしまった会社や世の中、そして大人達。

 

やっぱり世の中クサイものに蓋をするだけ構造。

 

原因物質は触れない取り除かない。

 

粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾………

 

 

 

 

そして自分は『全社員大会』と言う名の粉飾MTG

 

ここは素敵な幻想の世界。ファンタジア。

 

『数字はウソつかない』ならぬ『数字でウソをつく』ヤツ。

 

寸分違わぬ中身スカスカっぷり。

 

スカスカは自分もだけどね…

 

 

 

永田や仏壇店の様に唱えます。

 

粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾粉飾……

 

あー毒吐いた。

 

ブログ開いてくれた方すいません。

 

山行きたい。

TOKYO 〜ミスも匂いもメリノが解決〜

TOKYO

 

それは、岐阜のサル男にしたら大変な覚悟でもって挑まなければならない。

 

会社から『あぁ…明日からヒマラヤ支社で頑張ってよ』なんて言われるのと同じくらい遠く過酷な場所のイメージ。

 

過去に東京の某大学を受験した事がある。

 

その時も失態の連続だった。

 

1.田舎者の知識で予約した宿が受験会場からめちゃ遠い。乗り継ぎで1時間程かかった。

 

2.前日はしゃぎすぎ勉強もせず早朝から街を歩き回り酷い靴擦れ発症

 

3.前夜、東京ドームを散歩し近くにあった豚骨ラーメンを食べ酷く腹をこわす

 

4.その腹痛が治らないまま翌日受験会場に向かい、途中のトイレに駆け込み気絶寸前になる(死んだように体温が下がる)

 

5.大学構内のモスバーガーに都会を感じ面食らう

 

6.座席の隣の子が『大塚寧々』似で意識し過ぎ、自分がお腹を下しているのを悟られまいと余計緊張し結局受験の事を覚えていない程になる

 

という、メンタル、脳みその弱さが露呈し勿論桜散りまくったトラウマ。

 

 

 

春休み…

 

土日休みのない自分は、年に何度も出来ない家族旅行。

 

娘たっての希望で夢アイランド『東京ディズニーシー』に乗り込むことになった。

 

人混みが苦手な自分には試練の場所である。

 

f:id:gtotom5103:20190409131452j:image
f:id:gtotom5103:20190409131456j:image

 

早くもヤバイ、ヒト、ヒト、ヒト…

 

多分岐阜市の人口より多いんではなかろうか?

 

密度がハンパない。

 

娘の手前平静を装うチチ。

 

もうダメだ…

 

f:id:gtotom5103:20190409131909j:image

 

開園から30分。

 

自分を夢の国に連れて行く事にした。

 

しかし毎回思うが、ここの生はクソ美味い。

 

なんだろう。何杯でもいける気がする。

 

そこからはただただ園をウロつくおじさん。

 

f:id:gtotom5103:20190409132314j:image

山観たり。

 

f:id:gtotom5103:20190409132410j:image
f:id:gtotom5103:20190409132355j:image
f:id:gtotom5103:20190409132414j:image
f:id:gtotom5103:20190409132419j:image
f:id:gtotom5103:20190409132405j:image
f:id:gtotom5103:20190409132400j:image

 

なんだろね〜

 

凄い施設だね〜

 

なんてビールを喰らう。ホント異国。

 

しかしこの日は寒かった。

 

東名の御殿場辺では夜中みぞれが降ってたほど。

 

途中『スコッチハイボール』なる飲み物を見つけ10分並び買う。コレまためちゃ美味い。

 

こうして、寒いとこの人の様にカラダを温め凌ぐ。

 

娘は楽しそうだ。

 

f:id:gtotom5103:20190409133214j:image

 

17時過ぎ、もうかれこれ5~6杯目であろうか…

 

この一杯を頂いている最中冷た過ぎる雨が降り、娘も嫁さんも完全に心が折れショーを観る事なくホテルに退散することとなった。

 

思い出は美味しいお酒と共にお持ち帰り。

 

f:id:gtotom5103:20190409133552j:image
f:id:gtotom5103:20190409133548j:image

 

ホテルに戻り発覚しました。

 

いつものヤツ。

 

忘れ物。

 

自分の着替え一式。

 

ここ最近上手く立ち回っていた自分への戒めだろう。

 

ある人はこう言う。

 

『不便を楽しむ』

 

この何でも揃う街『TOKYO』で昨日着ていた物と同じ服を着る。

 

まるでアニメのキャラクターの様に。

 

こういう時に登山野郎は真価を発揮する。

 

メリノのインナーにアミアミベースレイヤー。

 

メリノの靴下。

 

次の日も決して『クサイ岐阜の人』にならず、胸を張って原宿を歩けるのだ。

 

そして原宿。

 

訳の分からんフニャけた『スクイーズ』とやらを買いに来る。

 

f:id:gtotom5103:20190409152639j:image

 

芋洗いだの足の踏み場だのってなレベルでは無い。

 

岐阜辺りでは経験した事無いくらいで、唯一初詣で賑わう伊奈波神社かお千代保稲荷の最前線くらいか。

 

申し訳ないがキモイ。

 

3分もつかもたないか。

 

カラータイマーなりっぱなし状態で竹下通り離脱でおっさんお目当てのこの並び。

 

f:id:gtotom5103:20190409154917j:image

アークにホグロフス 、ノースの原宿三山。

 

中日で言う、大島・谷沢・ケンモッカ。

 

ホグロフスで山シャツ、ノースでスーパーハイクパンツゲットでおっさんは終了。

 

ホグロフスでは大変気持ちの良い接客をして頂いたが、後に知ったのだがその方は店長さんでpeaksにもご出演されていた、お髭の素敵な青年。

 

帰りにアノ厳しい嫁が『あの人の眼は汚れていなかった』とガガーリンが言ったかの如く言い放った。お墨付きである。

 

その後、コレまた洒落たキッチンカーなるいわゆる移動販売車の弁当を買って公園で食べ、車で目白の『パタゴニア』とその下の『カラファテ』縦走。

 

この『カラファテ』さんはこれまた東海には無いマニアックな品揃え。東京どうなってんだってほど良いお店じゃない。

 

岐阜の方が山いっぱい有るのにお店が少ない。

 

人口の問題か?岐阜飛ばし問題である。

 

その後、東京をグルグル回って御殿場アウトレットに立ち寄り家路へ。

 

一泊二日では足りない。

 

なかなかのんびりとはいかないが、まあこんな経験も良いのではないか。

 

ここまで来ての旅の教訓は、『大都会TOKYOでもインナーはメリノに限る』でした。

その男ヒマにつき

『ヒマは人を成長させる』

 

かの有名な人が一度はチラッと思い言いたかったがしょーもないと思い残さなかった言葉。

 

このヒマな男は山に行く事にした。

 

高賀山。

 

それはそれは霊験あらたかな山岳信仰で知られる山。

 

夏場は『ヤマビル』の聖地、パラダイス、フェス会場と化す山。

 

ヤマビル様が眼を覚ます前に登ります。

 

f:id:gtotom5103:20190322132424j:image

f:id:gtotom5103:20190322132514j:image
f:id:gtotom5103:20190322132506j:image
f:id:gtotom5103:20190322132501j:image
f:id:gtotom5103:20190322132510j:image

 

登山道が気持ちいい。

 

f:id:gtotom5103:20190322230043j:image
f:id:gtotom5103:20190322230038j:image

 

なんかこの樹々を縫って続く坂道だの、すぐ横を流れ落ちる沢の流れだの全ての要素がなんとまあ素敵なことか。コイツァーだいぶ病んでやがる。

 

f:id:gtotom5103:20190322225943j:image

 

今日は僕の相棒で厳冬期の穂高でハワイ気分を醸し出してくる『ハッピーウォッチ』だが、今日は覚醒。

 

そして真新しい橋。

 

f:id:gtotom5103:20190322230141j:image

本当に只今架けてもらえたばかり。

 

作業の方から『今架けたばかりだから滑りやすいので気をつけてください』と。

 

本当にありがたい限り。

 

いつもだが登山道を整備されている方には本当に感謝である。

 

以前初登山で登山道を整備されていた方に出会った時、黙々と馬鹿でかい石をバールで少しずつ動かしながら階段を作っていた。

 

好きで山に入っている我々が怪我をしない様に、歩きやすくそして道に迷わない様に整備されていた。

 

『ありがとうございます』

 

と挨拶をして通り過ぎた。

 

また下山の時までその方はまだ黙々と作業をされている。

 

『ああ、本当に山男はカッコいいなぁ』と。

 

その方こそ後に分かったのだが、宮田八郎さんだった。

 

穂高から帰り何か映像ないかな?なんて思い、たまたまハチプロダクションの映像にたどり着き、そこに映っていた方がその人だった。

 

f:id:gtotom5103:20190323083058j:image

 

こうして安全の為一生懸命整備してくださっている方々がいらっしゃる。

 

そこにお邪魔している身であることをわきまえないとと思うし、最低限の知識や技術、装備でもって『自己責任』前提で山を楽しみたい。

 

危険だからと安易に自然に手を加えてしまうのも喜ばしく無い。心構えとスキルが必要だから登山は楽しいと思う。

 

 

f:id:gtotom5103:20190328132935j:image
f:id:gtotom5103:20190328132947j:image
f:id:gtotom5103:20190328132959j:image
f:id:gtotom5103:20190328132939j:image
f:id:gtotom5103:20190328132943j:image
f:id:gtotom5103:20190328132954j:image

 

とか思いながら山頂に到着。

 

360度見晴らし最高!

 

目前には立派でかっちょいい白山と奥には能郷白山

 

東には御嶽山乗鞍岳穂高の山々。

 

最高だ!最高の休日だ!

 

 

f:id:gtotom5103:20190328133337j:image

 

山頂で昼食をとり1時間ほど他の登山者の方々とお話、そして下りてくると橋もめちゃくちゃ綺麗に完成。工事の方に再度お礼を言って帰って来た。

 

さーてさて、貴重なヒマ。

 

急に燻製したくなりダンボールで燻製器を自作。

 

f:id:gtotom5103:20190328133736j:image
f:id:gtotom5103:20190328133731j:image
f:id:gtotom5103:20190328133740j:image

 

ルービー片手に食べるはずが、娘に食べられる始末。まあいい。普段からそういう事には慣れている。今日は素敵なヒマなのだから。

 

そして最後に。

 

f:id:gtotom5103:20190328134137j:image
f:id:gtotom5103:20190328134142j:image
f:id:gtotom5103:20190328134146j:image

 

もう一軒ワンルームの家を建て、ノマドワーカー風に過ごす。

 

明日は会社に行けま………せん。

四人も要らないロンリープレイ 〜休日を諦めろ〜

『焚き火ツーリング』はやはり中止。

 

穏やかに晴れているのだが…

 

まあ、『災い四天王』が揃ってしまったらきっと雪くらいは降ってくるだろうし、何なら帰れない程積もったりで『低山遭難』くらいは覚悟が必要だろう。

 

中止は賢明な判断。

 

そう言い聞かせ今日はロンリープレイ三本勝負に徹する事にした。

 

1 バイクのタイヤ交換

 

2 自宅で焚き火

 

3 庭テント泊

 

 

午前中の部は、愛車CRF250ラリーちゃんの靴をおニューにするの巻。

 

購入後5000キロを走破し、後輪はほぼヤマがなくなってきた。

 

f:id:gtotom5103:20190313212101j:image

 

ラリーちゃんも新品のお靴に替えてあげたらさぞ喜ぶことだろう。嬉しくてウレションを撒き散らして庭駆け回ってしまうだろう。

 

新しい君のお靴はコレだ。

 

f:id:gtotom5103:20190313212456j:image

イターリアから来たオサレ冒険家。

 

『オレのアプローチは自宅からさ!アスファルトだって荒れたハイキングコースだってオレひとりで充分さ。どんなにタフなコースだってへこたれないイタリア産まれならではの体力と繊細さ、最高の履き心地を約束するぜ』

 

それがピレリMT21ラリークロス。

 

実はラリーちゃんが納車された直後に廃番になってしまうのではないか?という心配フライングから前もって購入〜2年間放置していた代物で、久しぶりに触ってみたのだが『こんなに硬かったか?』とオンロードタイヤ張りにカチカチ。

 

果たして初挑戦野郎に出来るのだろうか?

 

『災』という文字がチラつく。

 

f:id:gtotom5103:20190313222951j:image

先ずはフロントタイヤ。

 

こんなブットイ六角レンチはじめて見たってくらいウソの様なスケール感の14ミリレンチ。

 

そしてサルも知恵を絞れば工夫するもので、トルクがかけずらい時のコレ。

 

f:id:gtotom5103:20190313223534j:image

メガネレンチで延長。

 

猿人から少し進化できた様だ。

 

f:id:gtotom5103:20190313223853j:image
f:id:gtotom5103:20190313223849j:image
f:id:gtotom5103:20190313223836j:image
f:id:gtotom5103:20190313223842j:image
f:id:gtotom5103:20190313223830j:image

 

タイヤを車体から外し→ビートを押したり踏んだりで落とし→タイヤレバーでコネコネしてホイールから外し→チューブ抜き→もう片方のビートもレバーで外しパッカーン。

 

前輪は比較的簡単で、レバーでキッカケを作ってしまえば素手でもホイールから外せてしまう。

 

戻す時も基本は同じ順序を辿るだけ。

 

僕の様なスカスカ脳の持ち主は、外した順番や部品の向きを忘れかねないので基本外した部品をどこかに保管せず『仮組み状態』にしておく。

 

f:id:gtotom5103:20190313225052p:image

 

これなら途中でウ◯コがしたくなっても忘れて間違える事もないだろう。

 

f:id:gtotom5103:20190313225309j:image

 

前輪完成!

 

続いて後輪。

 

基本アクスルシャフトを外すだけ。

 

f:id:gtotom5103:20190313225430j:image
f:id:gtotom5103:20190313225422j:image
f:id:gtotom5103:20190313225426j:image

 

19ミリと24ミリのメガネレンチで締める。

 

ブレーキキャリパーが落ちてくるので注意が必要。チェーンは上下どちらかを落としタイヤを回せば外れる。チョー簡単。

 

f:id:gtotom5103:20190313225951j:image
f:id:gtotom5103:20190313225957j:image

 

リアはやはりちょい硬めでフミフミしてビートを落としてあとの手順は前輪と同じ。

 

しかし、硬い。

 

外すのはまだ良いが、ニュータイヤがなかなかリムに収まらず30分近い格闘の末やっと組み上がる。

 

しかし、空気を入れると入れた分確実に抜ける音。

 

スカスカがやらかしたスカスカ。

 

ビギナーが必ずやらかすヤツ。レバーでチューブを挟んじゃって穴開けるヤツ。

 

はい、予定が狂いました。

 

昼イチでバイクパーツ屋決定。

 

大人なのに、予習→復習。

 

多分次の交換もやらかすでしょう。

 

f:id:gtotom5103:20190313231202j:image

 

予定をだいぶ押して完成。

 

2 自宅で焚き火

 

焚き火しながら昼飯食べるつもりだったので夜に回し、3 庭テント泊の準備をし昼寝をする事にする。

 

風は強めだが天気はいい。

 

暫し家で準備をし、グランドシートにペグを打つと背中に何らや冷たいモノが。

 

雨じゃない?

 

もー雨じゃない⁈

 

ウソでしょうよ。

 

あー雨じゃない。

 

西の空、突然ウソみたいに真っ黒いじゃない。

 

f:id:gtotom5103:20190313231935j:image

 

中止。

 

娘の塾迎えに行くじゃない。

 

f:id:gtotom5103:20190313232051j:image

 

雪じゃない?

 

もー雪じゃない⁈

 

焚き火すら出来ないじゃない。

 

夕食を家の中で終えたこの男、どうしても焚き火を諦める事が出来ず、ひとりガレージへ。

 

真っ暗闇の中、焚き火台に炭をくべる男。

 

一向に火がつかないじゃない。

 

燃料使っても炭に火つかないじゃない。

 

この炭、しけてるじゃない?

 

あれ、本当にしけてるじゃない⁈

 

てか、湿ってるじゃ…ない…

 

f:id:gtotom5103:20190314145058j:image

※こうなるはずのイメージ

そーら見た事か! 〜プラスにならない足し算〜

引き続きのヘドロドロドロロペスな日々。

 

白目をむいて瞑想の様に妄想の旅。

 

もしかしたらアノ空也様の如く何かを唱え、お口から『ピロピロピロ〜』と何かしら出てしまっているかもしれない。

 

空也様、なんとも言えないお顔をしていらっしゃる。

 

f:id:gtotom5103:20190310211125j:image

 

そのくらいの境地に達した時、ある人物から一本のメールが届く。

 

『焚き火しに行くぞ』

 

焚き火ツーリングのお誘い。

 

その方は、人生の先輩。

 

家庭において『誰にも相手にされなくなった』という異色の理由でアウトドアマンに転身し、今ではメスティンで米を炊かせたらこの濃尾平野五本の指に入るのではないか⁈という人物Y氏。

 

将来の自分にとって『人柱』『標本』になるかもしれない。

 

決算・本厄ドロドロロペスな日々を送る身からして、もちろん断る理由もない。

 

他のメンバーもこれまたハード。

 

最近離婚という人生の大キレットから這い上がったと思ったら事のほかサッパリ、人生の後半戦を地響きを立ててガリガリ遊び始めた『人生オフローダー』50代も半ばのN氏。

 

そしてもうひとり。

 

その昔道無き道をオフ車でブイブイ駆け回り、何処ともわからない場所で野宿、CWニコル張りに焚き火を楽しみ、終いには自宅まで灰にしてしまったシャレにならない経歴の持ち主だがそこからの人生V字回復を魅せる、隠れ金持ちの40代後半T氏。

 

f:id:gtotom5103:20190310221741j:image

 

この混じってしまう事が躊躇われる程の偉大な先輩達。誰も居ない山奥での焚き火ツーリングキャンプで何かニュース事にならないか?という大きな不安。

 

いや、もう何か起こらない事が不安なくらいだ。

 

f:id:gtotom5103:20190312101917j:image

 

流石はこの災い四天王。去年の漢字『災』の文字も小刻みに震わすほど。

 

そして案の定。

 

f:id:gtotom5103:20190310221936p:image

 

そーら見た事か。

 

こんな穏やかで暖かい日が続いたにも関わらず予報は『3月の雪』

 

もう既に焚き火の炎も鎮火。

 

神のお告げ。

 

マイナスはいくら足してもプラスにはならない。